SEO対策

affiliate

SEOはどういうものかわかった
実際には何をすればいいの?

SEOの概要ではSEOとはをお伝えしました。

対策について今回は書いていきます。

SEO

対策に行く前に

SEOを最初から知りたい方。

下の記事を参照にしてください。

SEOとはサイトを検索エンジンの上位に表示させる事。

そこでどうすれば最適化できるでしょうか。

Googleのポリシーを考えて作ります。


10の事実の要約は以下の通りです。

  • ユーザビリティ重視。
  • 読者に読まれている記事は価値がある。
  • 情報はスマホやタブレットでも見る。
  • 不正な事は許さない。

これを基本にサイトを作って行きましょう。

最近のGoogleの基準

google

E-A-Tが重視されています。(2017年から)

  • 専門性(Expertise)
  • 権威性(Authoritativeness)
  • 信頼性(Trustworthiness)

上の頭文字をとったものがE-A-Tです。

Googleは一定の期間で見直しを行っています。

検索エンジンはGoogleの独壇場です。
Googleのポリシーに従う事が上位表示させるポイントです。

サイトに広告を掲載してお小遣いが稼げる!【A8.net】

SEO対策

対策会議

基本

それでは上のGoogleポリシーを理解した上で対策を考えていきましょう。

  • キーワードに最適な情報を発信する。
  • 適切な情報を適切な構成で執筆する。
  • 関連した情報も記述する。
  • サイト表示が遅い場合は速度を上げる。

例をあげると

  • キーワードに沿った解決記事を書く。
  • 悩みを解決する手段を書いていく。
  • 関連の情報も記述する。
  • WPの調整やレンタルサーバーを変える。

実践

キーワード選択

①キーワードリサーチで探す
ラッコキーワード
サジェストキーワードもメモしておく

②キーワードプランナーで検証
キーワードプランナー

③キーワードの決定

サイト設計

1カテゴリーで記事を階層化していく
サジェストの記事も書く
収益化記事への内部リンク

記事の書き方

テンプレートを使う(別のページで執筆予定)

タイトルのつけ方

タイトルは最初の見出しをタイトルにするだけ

メタディスクリプションの書き方

  • メタディスクリプションの必要性は下がっている。
  • 150文字以内。
  • テンプレートを使う。
    • 読者への問いかけ
    • 記事の内容
    • アクションを促す
  • キーワードを入れておく。

All in one SEO Pack

SEO対策には必須と言われる「All in one SEO Pack」です。

上で書いたメタディスクリプションも「All in one SEO Pack」を使って書いています。

説明枠内へテンプレート文章を入れます。

例えば  

①アナタはSEOについてどう対応していいか悩んでいませんか?

②この記事では解りやすく対応方法を書いています。

③SEO対策で悩んでいる方はぜひご覧ください。

みたいな感じです。

この記事ではSEO対策を書いていますので「All in one SEO Pack」の設定ははぶきます。

まとめ

今回はSEO対策の基礎を書いてきました。

解りやすいように書いたつもりです。

今回はもう一つの取り組みとしてスマホでの表示を意識して文章を書いています。

見やすくなったでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました