WordPress|入れておきたいプラグイン

WordPress
WordPressでこんな事がしたいのにどうやったら良いかワカラナイ。

WordPressは世界中の人に使われているので全ての人に満足してもらえる機能は最初から割り切って入れていません。
そこでWordPressの足りない機能を補填する為に使われるのがプラグインです。

プラグイン

世界中で様々な機能のプラグインが作られています。

ここではいくつかの便利なプラグインをご紹介します。

WP Multibyte Patch (日本語バグ修正パッチ)

WordPressは英語圏のソフトですので日本語についての不具合が起きやすいと言われています。
WP Multibyte Patch はそれらのバグを修正してくれるものです。
日本語サイトを作る場合は必須のプラグインです。

追加方法はダッシュボードの「プラグイン」の項目から「新規追加」を選びます。

赤で囲まれた検索窓に[WP Multibyte Patch]と入力します。

開いたら今すぐインストールのボタンをクリックします。インストールが開始され終了すると

有効化しますかとボタンが出ますのでクリックしましょう。
WPMultibyte Patchの場合は有効化するだけで後の設定は必要ありません。

Contact Form7(お問合せページ作成&スパム対策)

お問合せページを作る時に簡単に作れる大変に人気のあるプラグインです。

Contact Form7ではInvixible reCaptchaをビルドインすることが出来るのでプラグインの数を増やすこと無く使えます。

Invisible reCaptcha(スパム対策)

スパム対策の為に私は入れています。
上でも書いたようにContact Form7で使えるのでプラグインを減らせます。

WordPressにはAkismet Anti-Spamと言うスパム対策のプラグインが最初から入っています。
多くのサイトではAkismet Anti-Spamはコメントスパムに大変有効なので必須のプラグイン。
「しかも無料で使える。」との記事が多くありました。

しかし、Akismet Anti-Spamを設定するには登録時に無料で使用する場合「広告の入っていないブログ」のチェックリストが有り今後広告を掲載する場合を考えるとこの条件に合わなくなる
Akismet Anti-Spamに変わるプラグインを探していたところInvisible reCaptchaに
たどり着きました。

まずGoogle reCaptureのページにアクセスします。

右上の管理コンソールをクリックしましょう。

設定画面で必要事項を入力していきます。

 

 

次の画面に登録されるとサイトキーとシークレットキーの表示されたページが出てきます。
ページのサイトキーをコピー・シークレットキーをコピーをそれぞれクリックするとコピー
されます。

サイトの設定は以上ですがサイトキーのページは開いておいたままの方が後々楽です。
WordPressに戻ります。

ダッシュボードのお問合せのインテグレーションを開きます。

Contact Form7の他のサービスとのインテグレーションでreCAPTCHAのインテグレーションのセットアップを行います。

先程閉じないでおいたGoogle reCaptureのサイトキーのページからキーをコピーしてセットアップを終了します。

これで設定はすべて終了です。

サイトの右下に

丸まった矢印が出ていれば成功です。
こちらは新たにプラグインを入れなくてもいいのでサイトが重くなることもなく便利です。
忘れずにAkismet Anti-Spamを削除しておきましょう。

Imagify(画像圧縮)

ブログに写真を載せて文書を具体的に説明したり、イラストをアクセントにしたりと
ページ作成に画像は欠かせないモノですがサイズが大きいので当然サイトへの悪影響があります。

そこで、必要に迫られて画像圧縮のプラグインが発表されています。
画像を圧縮する事でどんなメリットが有るかといいますとアナタのページの表示スピードが
早くなります。これにより読者の離脱率をへらすことが出来ます。

ネットでは画像圧縮プラグインと言えば

1.EWWW Image Optimizer

2.Compress JPEG & PNG image

の2つが主流ですが、ワタシはあえてImagifiyと言うプラグインを使っています。
このプラグインは一般に他のプラグインよりも画像を圧縮する効率が高いと言われています。

無料版はアップロード制限が一ヶ月25MBまでです。

無料版で容量が足りないようであれば有料版に移る必要があるでしょう。
ライトコースであれば1GB/月で$4ですのでそんなに高くはありません。
ベーシックコースは2GB/月で倍の$8です。

まずは無料で試してみる事をオススメします。

imagifyを使うにはアカウント登録をしてAPIキーを取得します。

取得方法はダッシュボードのプラグインの項目でimagifiy の「setting」をクリックします。
「Sign Up,It Free」ボタンをクリックしてメールアドレスを登録します。
メールアドレス宛にAPIキーが送られてきますので「Paste your API key」にコピーするだけです。

設定画面です。
順に説明すると

1.OPTIMIZATION LEVEL
圧縮比の設定です。General Settingusの下にある横長のバーです。
ワタシはAGGRESSIVEに設定しています。
実感としては、ULTRAは使わないほうが良いと思います。
AGGRESSIVEで圧縮比も十分です。

2.Auto-Optimize images on upload
画像をアップロードした時に自動的に圧縮するかの選択です。
ここはチェックを入れておきましょう。

3.Backup original images
imagifyの圧縮方法は不可逆圧縮方法を採っていますので一度圧縮してしまうと
使った画像を元に戻すことは出来ません。
画像は他にも使うことを考えるとチェックを入れておきましょう。

4.Keep all EXIF data from your images
画像には撮影されたときの様々な情報が埋め込まれています。
画像に組み込まれた情報を消去するかどうかの選択です。
支障がなければチェックを入れておきましょう。

5.WEBP FORMAT
一部のブラウザーでは対応していないのでここはチェックを外しておきます。

6.Resize larger images
大きな画像の取り扱いです。
ここはデフォルトでOKです。

7.Files optimization
ここもデフォルトでOK。

8.SHOW TOOLBAR MENU
Toolbarにimagifyを表示するかの選択です。
設定ができたり一ヶ月に使用可能な25MBの何%を現在圧縮しているかを表示します。

以上の項目ににチェックを入れて変更を保存をクリックすれば設定は終了です。

まとめ

ワタシが現在自分のサイトに入れている便利なプラグインの一部をご紹介しました。
今回のプラグインは記事を書く前に設定する事がimagifyを除いてオススメです。
imagifyに関してはブログを開設後に必要に応じて採用すればいいと思います。
導入した画像にも圧縮はかけられますので心配いりません。

ワタシはちょっとへそ曲がりなのでネットで取り上げられているメジャーなプラグインは
あまり入れていません。
ですから情報の少ないプラグインを取り上げることになります。
アナタのお役に立てれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました