WordPress|最初にやっておきたいこと

WordPress

新しくサイトを立ち上げるために新たにWordPressの設定を始めています。

ここでは、最初にやっておいた方が良いと思う設定を説明していきます。

初期設定

一般

タイトル

タイトルはwPを導入する時に聞かれますが後での変更が可能ですので取り敢えず思いついたタイトルを入れておけば良いでしょう。

後で気に入らなければ何度でも変更できるので気軽に入れておいてください。

サイトによってはタイトルを何度も変えないほうが良いと書いてありますがそこまでのデメリットはないと思います。

取り敢えず入れておいて後で狙ったキーワードを入れたタイトルにすればいいです。

タイトルで悩むよりも記事を充実させていく方が時間の節約になります。

次にタイトルとセットになっているキャッチフレーズです。

キャッチフレーズについて考えていきます。

キャッチフレーズ

キャッチフレーズは空白にしておきます。

理由はキャッチフレーズはメタディスクリプションとして扱われるからです。

 メタディスクリプション(meta description)とはサイトの概要を記述したもので検索サイトで、読者が検索した場合にそのサイトにはどのような事が記述されているか知らせる文書。
検索サイトでタイトルの下に表示されている記事内容である。
従来SEO対策として記述が推奨されていましたが、2019年時点においてはSEO対策には大きく影響しません。
また、テーマによってはSEOとして好ましくない表示の設定になってしまう可能性があります。
設定するのであればテーマの説明をよく調べてから設定しましょう。

その他の設定

設定を確認しておいたほうが良い項目

・WordPressアドレス

WordPressのインストールされている場所。

・サイトアドレス

基本的にWordPressのインストールされている場所。

・メールアドレス

管理者のメールアドレスを設定。

特に必要のないもの

・メンバーシップ

・サイトのタイムゾーン

に関しては特に設定する必要はありません。

 

投稿

投稿で設定したい箇所

好みによりますが自分は「すべてのユーザーのデフォルトエディター」を旧エディターにしています。

表示設定、ディスカッション、メディア

ここは初期設定では特に設定する箇所はありません。

パーマリンク設定

パーマリンクとはウェブサイトの各ページにつけられるURLのことです。

パーマリンク設定は投稿名を選択します。

根拠としては

サイトのURL構造はできる限りシンプルにします。論理的かつ人間が理解できる方法で(可能な場合はIDではなく意味のある単語を使用して)URLを構成できるよう、コンテンツを分類します。(引用:Search Consoleヘルプ)

上の文を見るとSEO上でも重要なのかなと思います。

自分のパーマリンク設定は以下のとおりです。

投稿名にクリックします。

すると下の画面が表示されます。

最初は緑、赤両方の表示をしてくれますが、注意しなければならないのが赤い部分は日本語で表示されます。

そこで赤矢印のように英語で表示できるようにします。

日本語だと管理しにくいのとSEO上でも好ましくないと思われます。

このパーマリンクは最初に設定しておくことが重要です。

理由は他のページからのリンクを張っていた場合、パーマリンクを変更してしまうとリンクを張ったページからページを見れなくなってしまうリンク切れを起こしてしまうからです。

プライバシー設定

こちらはプライバシーポリシーの設定です。

これはプライバシーポリシーの項目で詳しく書いていきたいと思います。

記事を書き始める前に作っておきたい物

プロフィール

あなたはご自身が他の人のサイトを読んでどんな人がこの記事を書いているのか知りたくなったことはありませんか?

同じように読者の方にあなたのサイトを書いている自分を知ってもらうためにプロフィールを書いておくことは大切です。

最初は簡単でもいいので作っておくと読者も親しみを持ってくれるはずです。

そのうちに出来れば固定ページにでも書きたいことをまとめて発表すればいいですね。

プロフィールの作成方法

プロフィールの作成自体は簡単です。

ダッシュボードのユーザーの新規追加をクリックします。

 

 

ユーザーの新規追加をクリックすると上の設定画面が表示されます。

②にニックネームを記入します。

③も同様に入れましょう。

④はメールアドレスです。(レンタルサーバーのメールアドレスを作っておくと便利です。)

⑤SNSも使っていくのであればアドレスを入れておきます。

⑥簡単なプロフィールを書いておきます。

⑦ご自身の写真でもイラストでもOKです。(画像は予めメディアに追加からアップロードしておきましょう。)

⑧最後にかならずプロフィールを更新をクリックして終了します。

ページが出来ましたら「外観」から「ウィジェット」を選択します。

「利用できるウィジェット」から「プロフィール」を選びサイドバーにドラッグ・アンド・ドロップします。

左下の完了をクリックして終了します。

固定ページ

お問い合わせページ

お問い合わせページはアフィリエイトを行おうとしている人には作っておいてほしいページです。

商品の問い合わせなどは基本、コメント欄には書きにくいものです。

作り方は簡単です。

ダッシュボードから固定ページの新規追加をクリックします。

タイトルに「お問い合わせ」と記入しておきます。

右の「公開」で公開ボタンを押して保存します。

プラグインの新規追加で「Contact Form 7」をインストールします。

「Contact Form 7」を有効にするとダッシュボードにお問い合わせの項目ができます。

お問い合わせから「コンタクトフォーム」をクリックすると編集画面が開きます。

ここでは何もしなくて大丈夫です。

一番上のコンタクトフォーム1と表示されたすぐ下にショートコピーをコピーして下さいと出ます。

 

指示されたようにコピーをしたら先程の固定ページのお問い合わせを開きます。

お問い合わせページの編集欄にショートコピーを貼り付けて更新をすれば完了です。

プライバシーポリシーページ

プライバシーポリシーも大切なページです。

Googleアドセンスの審査でも重要な項目のようです。

ユーザビリティーの向上のために必要だということでしょう。

サイトのプライバシー ポリシーについて

プライバシー ポリシーには次の情報を記載する必要があります。

    • Google などの第三者配信事業者が Cookie を使用して、ユーザーがそのウェブサイトや他のウェブサイトに過去にアクセスした際の情報に基づいて広告を配信すること。
    • Google が広告 Cookie を使用することにより、ユーザーがそのサイトや他のサイトにアクセスした際の情報に基づいて、Google やそのパートナーが適切な広告をユーザーに表示できること。
    • ユーザーは、広告設定でパーソナライズ広告を無効にできること(または、www.aboutads.info にアクセスすれば、パーソナライズ広告に使われる第三者配信事業者の Cookie を無効にできること)。

以下省略
AdSenseヘルプより引用

いかがですか?

読者を大切にするのが第一といったスタンスですね。

そこでGoogleのポリシーをお手本にプライバシーポリシーを作っていきましょう。

ググればプライバシーポリシーのひな形はたくさん出てきますのでそれらを参考にしながらご自分のサイトに合ったプライバシーポリシーを作っていくのが良いです。

ただひな形をコピペして使っていてもサイトの内容と合わないことも有るので注意してください。

文章が出来上がったら先程のお問い合わせページのように固定ページに文章を貼り付けてタイトルをプライバシーポリシーにしておけばOKです。

最後にプライバシーポリシーとお問い合わせページをあなたのサイトに表示する方法なのですがあなたがどこに表示したいか、また使っているテーマの設定方法によっても違ってくるので調べながら設置することをおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました